note再録ブログ

リカちゃんと私

30年前に友達からもらった手作りのリカちゃんの服を捨てた。

人形の服のお手入れ方法を知らなかったので、とうに色あせて黄ばんでいたんだけど捨てられずにとっておいたもの。
友達は、お母さんが作ってくれたワンピースを何着も持っていて、その一つ一つがフリルやレースを使われた細かい手仕事の物だった。元々のリカちゃんが着ていた服しかもっていなかった私はそれがすごく羨ましくて、きっと友達は私の視線に気づいて「これならいいよ」といって冒頭のワンピースをくれた。黄色い小花柄の三段フリルのワンピース、段スカートにはレースがはさんであって、「これなら」なんて言葉を疑うくらい素敵ですごく嬉しかった。
ミシンで小物を作る内職をしていた母親にもらった服を見せた。多分、「これくらいなら作れる」とか何とか言っていたと思う。だけど一度も作ってくれたことはなかった、いや、あったんだけど、胸のところにゴムを通しただけのホルターネックのワンピースを一着、…私の期待したものとは程遠かった。ホルター部分はすぐにほつれて着られなくなった。もう二度と親には服を作ってほしいとは言わなかった。

社会人になって、しばらくしてミシンを買った。
最初は自分の服や小物を作っていた。器用ではないので、既製品の足元にも及ばないけれど形に出来たことがうれしかった。そのうち大人一人に必要な布代と手間と既製品の値段を考えて、人形の服を作ることにした。
本を買って作るとプロが作ったものなので素人でも見栄えのいいものができる。手のひらに乗るサイズの洋服は可愛くて、嬉しくて何着も作った。最初はオビツ11やねんどろいどどーる。自分の創作キャラクターの人形用の服を作っていたので男の子の服ばかり作っていたが、もっとかわいい服を作りたくなってこの夏、実家から持ってきたリカちゃんの服に着手した。
これまでと同じ、いやサイズが大きくなった分作りやすくなったはずなのにすごく緊張する。目の前には友達からもらったワンピースがあるからだ。
見るたび思い出す、たくさんの手作り服、羨ましい気持ち、期待外れの服……針を刺したように胸が痛む。いろんな気持ちを纏った服は簡単に捨てられない。これと同じ服が作れたら捨てよう、と決めて余り布でスカートを作った。思いのほか簡単に作れた。
可愛い、嬉しい、ちゃんと可愛い布を買おう、作り方もちゃんと調べて本も探そう!イヤリングも作って可愛いリカちゃんにする……その後2,3着カットソーやズボンを作って私は、このワンピースを捨てることにした。

服に纏わりついている満たされなかった気持ちを今自分で満たしていけると気付いたからだ。
今の私は自分で自分の好きなかわいい服が作れる、私はあの頃の私の為にリカちゃんの服を作っている。