ブログ

絵が上手くなりたい、今すぐに。

絵の練習を始めた。練習のために私がしたことは以下の通り。
1.液タブを買った
2.パルミーにお試し入会した
3.毎日クロッキーを始めた
4.その日に学んだことを使ってなんらか絵を描いている
すぐに上達するものではないので、今後の茅野まといにご期待くださいなのだが、現時点ですでに良かったなと思ったことを書いておく。

1.液タブを買う

Amazonブラックフライデーでwacomの液タブを手に入れた。
(初心者ではないけども)「初心者こそ液タブを買うべき」というブログの記事を読んだのがブラックフライデー最終日、でもなぁお高いんでしょう?と思いながら検索したらひそかに憧れていたWacomの液タブが24%値下げしていたので、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入した。

※ここからは液タブへの期待値が低かった私による、やや過剰な液タブ持ち上げ記事が続くため7掛けくらいで読んでほしい。

まずびっくりしたのが、液タブって思ったところに線が描けるのだ!
多分スマホとかタブレット作画の方々は何をいまさらと思われるだろうが、私は長年板タブレットによるデジタル作画で、手元を見ずモニターを見ながら描いてきた。どうにかコツをつかみ割と思うような線を引けるようにはなってきていたのだが、どうしても手を動かすのが苦手な方向があった。自分自身の技術不足だと諦めていたが、液タブは手元を見て描ける、ちゃんと手が動かせる!思ったところに描ける!すごい!
「いい道具を買えば画力が上がるわけではない」というが、低スペックで力を出し切れないってこともあると思う。「弘法筆を選ばず」とは言うが私は弘法ではない。弘法ほどの腕が無い奴はいいもの使えって意味だってどこかで見たんだけど私に都合のいい幻覚だったろうか。

①スペックの問題か、筆圧ペン使っても全く筆圧が出てなかった

左からそれぞれ
①10年前買ったPC&10年前買ったbamboo comic
②10年前買ったPC&intuos pro
③割といいスペックのBTOパソコン&intuos pro

④BTOパソコン+液タブ:描くのが楽しかった

機材を変える毎にうまく描けた実感があった(当社比)。
実力0+低スペック(-α)によりマイナスに表示されていたのが、実力0+機材による補正(+α)によってプラスになったものと思われる。
また、「この板タブ筆圧死んでるから」とか「どうせ実力出せないし適当でいいか!」という言い訳も言えなくなったので、丁寧に描こうとかちゃんと練習しようと思ったのも大きかったと思う。

2.パルミーお試し入会

創作は好きだが絵を描くのが好きではないかつ楽しくない私はある日、絵を描くのが楽しくなるらしい「ジェスチャードローイング」というものに出会う。

色々調べた結果、パルミーに講座があったので入会し受講することした。
ジェスチャードローイングについてはいろんな方が紹介されているので割愛するが、人体を軽々と描けるようになりたいと思っていた私にとってとても希望のある講座だった。絵を描くのが少し楽に、楽しくなった。
続けて見て2~3時間で終わる内容だったがせっかく7日間も期間があるので他の講座も見てみた。
いままでアタリも取らずに描いてきたので基礎の基礎から、適当に描いてきた服の描き方、しわの描き方、影の付け方、構図の考え方など、正直未だほとんどマスター出来てはいないが、為になる講座ばかりだった。

※イラスト関連のおすすめはたか先生の講座。よくやりがちな失敗例(私がやってるやつ)を挙げてくれるので改善の仕方が分かりやすい。説明が多く、内容が丁寧なので頭で理解しないと描けないという人におすすめ(一部感覚・体で覚えろというところもある)。

現在はお試し期間を過ぎたので一度退会した。
今まで独学で適当に絵を描いてきて絵の描き方を勉強するといっても何を学べばいいのかわからずに来たが、講座を受けることでこれからの学び方を得られた。

3.毎日クロッキーを始めた

これはジェスチャードローイング講座を受講して必要性を感じたので始めた。「ジェスチャードローイング」の砂糖ふくろう先生の「すぐに上手には描けないけどいずれ描けるようになる」という言葉を信じて続けている。
先生の講座内容はどれもとても濃い実りあるものなのだが、先生の話し方や向き合い方がラフで、こう描かなきゃいけない(でも全然描けないイライラ)とガチガチになっていた私の心を「もっと気楽に描いていいんだよ」と解してくれた。希望

4.その日に学んだことを使ってイラストを描く

その界隈では有名な「三か月上達法」のようなPDCA法の一つとして行っている。練習・学ぶ⇒取り入れて描く⇒自己評価⇒評価を受けての修正。デジタルで作画しているが、これだけ描いたという満足感が積みあがっていくのでプリントアウトしてノートに綴じている。

1週間経って……

今のところ1歩進んで別ベクトルに2歩下がっている感じである。顔だけに限ると以前より可愛く描けなくなった。
しかし、液タブとジェスチャードローイングのおかげで絵を描くのが苦じゃなくなったのと少し早くなったので、トライを連打してそのうちまた描けるようになるかなと楽観的に考えている。

まだ、練習の成果を言えるような期間が経っていないので実のある内容を書けなかったけれど、数年後の上達をめざしてコツコツ続けていきたい。今だけの趣味じゃなくて、私は生涯の趣味として創作漫画を続けたいから。いやでも本当は楽してすぐに絵が上手くなりたい、本当に!


進捗:二話ネームを始めました

練習してると、メインの創作がおろそかになるのが嫌だったんだけど、学んだことを即時取り入れるという形で作画にも活かしていきたいので漫画も描くぞ。(振り返るとポケモンSVが…時間足りないな!